東京モーターショー2017年シンポジウム開催

シンポジウムのテーマは『2020年クルマのたび』。ゲストにはクルマ好きで有名なテリー伊藤氏も。

■日本自動車工業会が主催する、2年に一度の自動車の祭典。自動車に関する最新の技術やデザインについての情報を紹介するイベント。2017年10月27日(金)~11月5日(日)に開催されました。総来場者数数771,200人

シンポジウム開催日時:

『2020年クルマのたび』をテーマに、コーディネイターとしてモータージャーナリストの飯田裕子氏、パネリストは自動車好きで知られているテリー伊藤氏、モノ誌『DIME』(小学館)の安田編集長をゲストにお迎えしました。

自動運転に移り行く時代の中で、クルマの旅はどう変わるのか、クルマで旅することの真の魅力とは何か。
情報通信の進展やSNSの普及により、旅行や観光の在り方が大きく変化を背景に、これからのクルマの旅の魅力や面白さ、そしてそれを実現するための新たなサービスについてお話いただきました。

トークイベントの後は、9月に「自動車×旅の新しい未来のサービスを考える」をテーマに行われた「カーたびアイデアソン」で最優秀賞、優秀賞を受賞された3組の事業企画のプレゼンテーションが実施されました。

お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します

古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください